たまには手書きの手紙で心を伝えてみてはいかが?

すてきな恋愛をするためにはお互いに「心のやりとり」をすることは大切です。
日本人は特に苦手ですが、欧米などではお互いの気持ちを頻繁に伝え合ったりして、
お互いの気持ちを確認しあう機会はおおいです。

なので我々日本人もきちんと自分の気持ちを恋人や配偶者に伝える必要があると思います。
「さすがにめんと向かって相手に気持ちを伝えるのは恥ずかしい」という人は
自分で書いた手書きの手紙を送ってみてはいかがでしょうか?

手書きの手紙なら、たとえ字が下手だったり、
文章が稚拙だったとしても心がこもっているから、受け取る側もとてもうれしいです。

自分の気持ちを伝えることが重要なので、何も特別なことを書いたり、
心理的な作戦を考える必要はありません。普段の何気ないことや、
ちょっとした感謝の気持ちを伝えるだけで充分あなたの気持ちは相手に伝わります。
自分の気持ちや自分の言葉を、自分の文章として実際に手書きする、
それがあなたの気持ちをより相手に伝えやすくなるのです。

そして「自分のためにわざわざ手紙を書いてくれた」
という事実がさらに相手を感動させるのです。
そういった心の触れ合いを積み重ねるることで
お互いの気持ちがゆっくりとわかっていくのです。
そういう細かいことですが、
続けていくことがよりよい二人の関係を築くことに繋がるのです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ